楽しい団欒

和室

ちゃぶ台が普及していた頃、昔はみんなで食卓を囲むのが普通でした。その中にはちゃぶ台返しもありました。最近では家族で食卓を囲むことが少なくなりました。もっと団欒の時間を大切にしましょう。

昭和の歴史とともに

内観

日本の家具の歴史を語る上でちゃぶ台は外せない存在です。平成生まれには馴染みがあまりない家具ですが、昭和生まれの人達には懐かしさを感じる人も少なくないでしょう。自分の家になかったという人もおじいちゃんの家にはあったかもしれません。古くからあったと思われているちゃぶ台は意外にも明治頃と、その歴史は浅いものでした。ちゃぶ台は明治初期に西洋から入ってきた文化とともに日本入ってきたとされています。西洋料理のことを「チャブチャブ」と呼んでいました。チャブチャブを食べる台を真似して、日本人が作ったものがちゃぶ台です。それまで、人々は床や畳に座って食事をとっていました。このため、座って食べれるように椅子の脚を短くして使ったと言われています。その後ちゃぶ台は昭和初期頃までに人々の生活に馴染み、昭和45年頃まで広くみんなに愛され広まっていきました。一家に一台といった具合で普及していたそうです。そんなちゃぶ台も昭和55年頃には、ダイニングテーブルにその座をとられることとなります。ダイニングテーブルが流行り始めたその理由は、戦後のアメリカ文化へのあこがれと高度成長期に作られた団地での生活が主な原因とされています。団地の床は板張りで、ちゃぶ台では冷たく、足が痛いというのが理由です。ちゃぶ台は昭和のはじめ頃から普及し昭和とともに生き、昭和が終わる頃に少なくなっていきました。しかし、そんなちゃぶ台がまた最近、秘かにブームとなってきています。

失敗しない選び方

畳

ちゃぶ台を選ぶ時は大きさや用途を考えて購入しましょう。食卓で使うときや、お子様がまだ小さい人は一回り大きめを選ぶと良いでしょう。また素材にも特徴があります。自分にあったちゃぶ台を見つけましょう。

メリットがあるのです

インテリア

ちゃぶ台にはたくさんのメリットがあります。持ち運びに便利ですし、収納に場所をとりません。沢山の人が座れます。そして一番のメリットはみんなの顔を見ながら会話できることなのです。